inali☆enably

たぶん役立つ情報だけをinaliが晒すかもしれないはてなブログ、たまにしか書かない。

HTTPSの優遇だそうです

 

HTTPS as a ranking signal

ランキングを判断するシグナルに HTTPS を含めるそうです。既にテストもしていたみたいです。

WSJ によると、暗号化された Web ページにそのランキングアルゴリズムにボーナスポイントを与えているという表現。

http://online.wsj.com/articles/google-to-boost-encrypted-websites-in-rankings-1407384244

 

10月までお休みのはずのマット・カッツ氏 がTweetしてます。

http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html

 

セキュリティは Googleにとって最優先事項ということで、2048ビットの証明書を使用し、robots.txt でクロールを塞がないようにしないといけない感じ。
128bitSSL暗号化とか、1024bit証明書ではアカンっぽい。
そうなると、クラウドフレアとか使ってると超簡単に移行できますけど、月20ドル程必要。

さっそくこんな案内がきてました。

Hey there!

As a website owner, I bet you care about your Google ranking. Google just announced it will boost the ranking of sites that use secure and encrypted connections. This is part of Google’s efforts to push “HTTPS everywhere” on the web.

CloudFlare has made it simple and easy to adopt HTTPS. You don’t have to purchase a separate certificate or install anything. To enable HTTPS on your website today upgrade to any CloudFlare paid plan - it's that simple. Paid plans start at $20/month.

Googleのページで、アドレス変更(URLの変更を伴うサイト移転)する方法についてのガイドラインなんかもすでに用意されています。

あとこれ、インターネットスヌーピングに関する開示をきっかけに加速って書いてますし、やっぱり米国家安全保障局(NSA)による情報収集が発覚したことを受けてのこともあるんだと思いますけど、結局どの程度の反映になるかというと、グローバルクエリの1%未満に影響を与えるということで、徐々にその割合が引き上げられる可能性もあるようですけど小さい影響と思います。

The move is the latest, and among the most significant, steps Google has taken to make the Web more secure, efforts it has accelerated in the wake of disclosures about Internet snooping by the National Security Agency.

てか、もう日本語になってた!

HTTPS をランキング シグナルに使用します

2014年8月7日木曜日 | 15:45

 http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html